200系ハイエースの魅力と最高額で売る買取査定

200系ハイエース,買取

現行モデルの200系ハイエースは、乗用バン、商業バンともに1番人気の1ボックスカーですよね!

 

国内でも人気が有りますが海外でも評価が高く需要が多い為、盗難も多い車として有名です。

 

先代の100系ハイエースが人気があった為、モデルチェンジも慎重だったと思われますが、2004年に新型ハイエースとして発売された200系ハイエースは瞬く間に人気車種になりました。

 

商業者としても人気が有りますが、ハイエースの魅力はなんと言ってもカスタム、ドレスアップカーとしても評価が高く、ハイエースでドレスアップされる方が多いですよね!

 

200系ハイエースのドレスアップ専門店なども有る事や中古車販売店もハイエース専門店がある事などを考えるだけでも人気、需要が多い事がわかります。

 

200系ハイエースの新車価格は決して安くは有りませんよね!商業バン、1ボックスカーで300万円を超える価格帯は高く感じられますが、中古車としての買取価格を考えると3年後、5年後に売却するにしてもそれ程損をしない車でも有ります。

 

逆に人気のない車種を値引きして購入しても中古車としての買取価格が低ければトータルで損をする事も有ります。
この様に200系ハイエースの魅力は中古車になっても値崩れが少なくある程度の価格で売れる事、またドレスアップやカスタムパーツが多く自分なりの改造が出来る事は魅力がありますよね!

 

中古車市場でも海外市場でも人気の有る200系ハイエースを少しでも高く売りたいと思われているオーナーさんはハイエースの買取に実績が豊富なこちらの車買取一括査定サイトをご利用下さい。

 

200系ハイエースの一括査定はこちら

 

200系ハイエースの年式別 買取相場

200系ハイエースの中古車買取相場を当サイトが調べました。
H20年、2008年式の200系ハイエースから買取価格です。査定時期や中古車の程度、装備なども異なるので同じ年式、グレードのハイエースでも掲載している価格よりも高くなることもあれば安くなることもあると思います。

 

出来るだけ最新の情報、買取相場を掲載していますが、参考までにしてください。
H20年(2008)
H21年(2009)
H22年(2010)
H23年(2011)
H24年(2012)
H25年(2013)
H26年(2014)
H27年(2015)
H28年(2016)
H29年(2017)
H30年(2018)
H31年 R元年(2019年)


200系ハイエースの中古車は今が売り時

200系ハイエースも発売から10年以上経ちます。ハイエースはモデルチェンジのスパンは長い車種ですがそろそろ300系ハイエースのうわさも出てきて1年、2年以内にはモデルチェンジするのではないでしょうか?
もし、本格的にモデルチェンジが発表されると人気の200系ハイエースといえども中古車価格は下落すると予想は付きますよね!

 

200系ハイエースの売却をお考えなら早いほうが良いですね!300系ハイエースのうわさで中古車価格も下落傾向になってきているようですし、もしモデルチェンジの発表後は下落をするのは確実です。

 

人気車種だけに下落幅も多くなることもあります、ハイエースだからモデルチェンジ後も高値で売却できると思われているなら間違いですよ!
そこまでの中古車買取価格の下落はないと思いますが、200系ハイエースの中古車買取価格はもともと高値ですので20万円、30万円の差が出ることも少なくなく、少しの判断ミスでそれだけの金額を損をすることにもなりかねません。

 

300系ハイエースの発売は間もなくだと思いますので、売却をお考えなら是非この機会に査定依頼してみて納得の査定が出れば売却すのもいいのではないでしょうか?

 

200系ハイエースの燃費性能

200系ハイエースにはガソリン車とディーゼル車の設定が有ります。
ガソリン車もディーゼル車もこのクラスの車としては優秀な燃費性能です。

 

2700ccのガソリン車で街乗り7km〜9km、3000ccのディーゼル車で街乗り8km〜10km程度です。
一見、ハイエースの場合、ディーゼル車の方が得な感じますが、新車の価格差が大きく年間の走行距離では10年間乗ったとしてその差額が埋まらないこともあります。
ガソリンと軽油価格も最近ではそれほどなくなったことでディーゼル車の魅力が少なくなってきた半面、クリーンディーゼルなど環境に優しいエンジンやディーゼル特有の騒音も軽減されています。
また、荷物を多く積むような利用ならトルクが有るディーゼル車の方が向いていると言えます。

 

また、ハイエースには4WD車もあります。2WD車よりも4WD車の方が燃費は下がります。

 

車選びで重要な燃費性能ですが、メーカーが発表している燃費と実際に燃費は、イコールではなくメーカー発表の燃料消費率などから2割程度低めですね!
街乗りと長距離、高速道路などでも燃費性能は変わってきますので、利用方法や利用する地域でも燃費は変わると思います。

 

200系ハイエースの2700ccガソリン車がおよそ1リットル、8kmで3000ccディーゼル車が1リットル、10km程度です。4WD車は1割程度燃費が悪くなります。

 

乗車人数でも変わる燃費、ハイエースの場合、1人当たり1.1倍低下

 

ハイエースの燃費には、明らかになっている特徴があります。

 

結論から言うならば、ハイエースの燃費は乗車人数によって大きく違ってくるとうことです。
そもそもハイエースの燃費は、乗車人数が一人であればリッターおよそ10キロ前後であることがしばしばです。
そこに乗車人数が一人増えることによって、ハイエースの燃費は1.1倍程度悪くなります。

 

これについては、パワーウエイトレシオとの関連性が大きく関係しているのです。
成人男性の体重を60kgと仮定するならば、その重量だけハイエースで移動させるエネルギーが必要になります。つまり、成人男性が一人だけハイエースに乗車するだけでもハイエースの燃費が1.1倍ほど低下するというわけです。

 

仮に同乗者が2人や3人に増えていくことによって、ハイエースの燃費はさらに悪くなると言えます。
これは前述の過程の応用であって、同乗者が一人ずつ増えることによってその都度燃費性能に影響を及ぼすということと考えられるのです。

 

つまり、ハイエースの燃費性能を向上させたいのであれば、同乗者の人数を最小限に抑えることが最も効果的であると言えます。しかし、ハイエースは大人数が乗車できるので、燃費性能はバランスを見ながら考慮する必要があります。


200系ハイエースとNV350キャラバンの燃費

200系ハイエースとNV350キャラバンの燃費性能を比べてみました。

 

永遠のライバルである

 

ハイエース VS キャラバン

 

NV350キャラバンの方が後発ですので有利に思えましたが、結果は以下になりました。

 

車種 エンジン 燃費
200系ハイエース 2WD 2800ccディーゼル

12,4km

NV350キャラバン 2WD 2500ccディーゼル

12.2km

200系ハイエース 4WD 2800ccディーゼル

12km

NV350キャラバン 4WD 2500ccディーゼル

11.4km

200系ハイエース 2WD 2000ccガソリン

10,2km

NV350キャラバン 2WD 2000ccガソリン

10.0km

200系ハイエース 2WD 2500ccガソリン

9,9km

NV350キャラバン 2WD 2500ccガソリン

8.8km

200系ハイエース 4WD 2500ccガソリン

9,3km

NV350キャラバン 4WD 2500ccガソリン

8.0km

 

後発のNV350キャラバンよりもマイナーチェンジでエンジンも新しくなっている200系ハイエースの方が数字上は優秀で燃費性能は若干良い結果になりました。

 

グレードや車重などでも燃費の数字は若干異なりますが、ほぼ以上の燃費性能だと言えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報・免責事項